みなかわ整形外科 一ノ宮 聖蹟桜ケ丘 多摩市 整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科、外科

ドクターズコラム

vol.1  骨と関節と筋肉が支える健康な体

 日ごろ多くの患者さんと接するなかで、「将来、歩けなくなったら……」という不安の声をよく耳にします。超高齢社会を迎えた日本では、いかに生活の質(Quality of Life:QOL)を保ったまま長生きするか、すなわち“健康寿命”という考え方に大きな関心が集まっています。
 国の調査によると、介護が必要となる原因疾患の第一位は「脳卒中」で、第二位が「認知症」ですが、これに続くのが整形外科の関与する「関節の病気」と「骨折・転倒」です。
 そこで日本整形外科学会では、2007年に新しい概念を提唱し、骨や関節、筋肉の機能が衰えて、歩行や日常生活に支障をきたした状態を、「ロコモティブシンドローム(以下、ロコモ)」と名づけました。
 ロコモの背景には、骨粗鬆症や変形性膝関節症、脊柱管狭窄症などの病気が潜んでいます。実際、このような骨や関節の病気は、50歳代から増えはじめ、70~80歳代になると、骨粗鬆症による骨折が増加します。
 誰もが、元気で長生きしたいと願っています。骨や関節、筋肉の健康を保つことは、健康寿命を守るうえで、とても大切なのです。

vol.2  骨の生活習慣病

 “骨の生活習慣病”と呼ばれる骨粗鬆症は、骨が減ってスカスカの状態になる病気です。骨粗鬆症になると骨が脆くなるので、骨折の危険性が高くなります。
 骨粗鬆症の原因には、加齢やカルシウム不足、運動不足、喫煙などが挙げられますが、女性の場合は、閉経後に女性ホルモンが減少することも、主な原因となります。
 健康な骨は、古い骨を壊す破骨細胞と、新しい骨を作る骨芽細胞が、バランスをとりながら新陳代謝をくり返しています。しかし先に挙げた原因などにより、骨を壊す破骨細胞の勢いが増してくると、骨がどんどん減って、骨粗鬆症になってしまうのです。
 骨粗鬆症は初期の段階では、自覚症状がほとんどありません。進行すると腰や背中の痛みや骨の変形などが生じますが、その程度はさまざまで、骨折するまで放置されるケースも多く見られます。
 骨粗鬆症かどうかを調べるには、骨密度測定や血液検査、骨のレントゲン撮影などを行います。血液検査では破骨細胞と骨芽細胞の状態がわかるので、将来的に骨がどのくらい減るかを予測できます。また、治療薬の選択やその効果判定にも有効です。
 どれも負担の少ない検査ですから、骨の健康維持のために、定期的に受けることをお勧めします。

vol.3  ひざ関節の働きと変形性膝関節症

 ひざ関節には、体重を支える働きや、脚を曲げ伸ばしする働きがあります。ほかの関節に比べて可動域が大きく、たとえば正座をしたときのひざ関節は、140度以上屈曲しています。
 このようなひざ関節の動きを可能にしているのが、関節の表面を覆っている関節軟骨です。関節軟骨はなめらかで弾力のある組織で、関節をスムーズに動かすために重要な役割を担っています。
 しかし関節軟骨も、加齢などの要因ですり減ったり、変性したりすることがあります。進行すると、ひざの骨そのものにも変形が生じます。これが変形性膝関節症です。変形性膝関節症の代表的な症状としては、歩きはじめや坂道でひざに痛みを感じる歩行時の障害や、しゃがみこみや正座ができないなど、屈曲時の障害が挙げられます。このほかに関節に水がたまって、ひざが腫れることもあります。
 変形性膝関節症の治療は、大きく保存療法と手術療法にわかれます。保存療法では、ひざ関節周辺の筋力訓練や、装具を用いて関節を安定させ、ひざに加わる荷重を軽減させる方法などがあります。痛みがある場合は、消炎鎮痛剤の内服やヒアルロン酸の関節内注射を行い、これらの保存療法で十分な治療効果が得られない場合に、手術療法を検討します。